シゲヒロのプロフィール

ライティング,人生を変える,価値資産,表現講座,文章力

初めまして。
このサイトの著者 シゲヒロ こと 星崎繁博です。

 

私は社会福祉士・精神保健福祉士(ソーシャルワーカー)であり
高齢の方、障がいのある人やそのご家族の支援をはじめ、
コンサルタントに相当するサービス第三者評価や、講師活動などにも取り組み、
一人でも多くの、心ある若い実践家を育てていくために活動しています。

 

京都で、妻と2匹の猫と一緒に、毎日楽しく愛いっぱい暮らしています。
また、海外演奏も含め各地で活動しているオカリナ演奏家でもあり
「オカリナを吹くソーシャルワーカー」として親しまれています。

 

さらに、オカリナ演奏家の活動の一つとして、
アマゾンキンドルで、オカリナ演奏と自作の詩を組み合わせた電子書籍を出版しており、
電子書籍出版と、その活用やマーケティングをあわせてコンサルティングする
「エストリビューター」の資格も持っています。

 

私は15年間、社会福祉士としていろいろな方の相談や支援を行ってきましたが
今回のコロナウイルスにともなう、社会や経済への打撃、
あらゆる人が、生活の困難を抱える、または抱える可能性を持つようになったと思いました。
もはや、障害があるなしにかかわらず、高齢者も若い人も、これからの生活をしっかり立てていく必要がある。

 

こういう情勢を深く考えた結果、
ネットやパソコン初心者の方を含め一人でも多くの方が、
ネットの上で自分の得意なこと、好きなことや経験を生かして、
人に伝えていける「コンテンツ」を築き、
心に残るプレゼンテーションができるように支援したい、
そんな思いをこめてこのブログを新たに開設しました。

 

これから、私がこれまで業務にも、また趣味にもフル活用してきた
ライティングや、コンテンツの制作について
惜しみなく多くの人に公開し、役に立ててもらいたい。

 

そういう思いを込めて、ここに立ち上がりました。

 

ところで
私の趣味は、オカリナ演奏やテノールの歌唱をはじめ、
これまでいろいろ行ってきた海外の風景の絵画を描くこと、

 

(イタリアのフィレンツェのダビデの丘からドゥオモをスケッチしました)

 

秘湯の中でも知られていない秘湯すぎる場所で湯につかること、
また運動では、マリンジェット、合気道、剣道、ローラースケート、他にもいっぱいありますが、
こういう楽しいお話も混ぜながら
情報を発信していきたいと思います。

 

私の自己紹介について、声でお話しして録音しました。
こちらからお聞きください。

 

シゲヒロの自己紹介音声(MP3なのでウオークマンで聴けます)

 

 

また、私のプロフィールについて
シゲヒロっていったい何者だ?と思ったら

 

シゲヒロのプロフィール をあわせてお読みくださいね!


このブログであなたに届けたいこと

このブログ「愛のライティング」は、
このブログ名のとおり、
「愛」を心に温めながら、魂の声を伝えていくライティングの方法をお届けしていきます。

 

しかし、
このブログでは、
文章力だけをお伝えするつもりはありません。

 

副題で「表現講座」としているとおり、
いろいろな手段で、あなたの中にある凄いものを
表現していくためのお話をさせていただこうと思います。

 

文章で伝えるものは、
さらに
声やイントネーション、表情やジェスチャー、オーラ、
さらにはデザインや音楽などの
言葉以外の表現(専門用語では「ノンバーバル・コミュニケーション」)が加わり、
これらが総合的に関係して、

 

人の心をより動かすあなたオリジナルの表現につながっていきます。

 

 

「ライティング」の範囲は広いです。

 

だからこそ、
「ライティング」を極めることで
いろいろなシチュエーションであなたは成功することができます。
そして
ここで学んでもらうことは
きっと
あなたの一生を支える価値資産に変わっていきます。

 

価値資産というのは
「稼ぐこと」だけではありません。
交流が増え、深まり、「人とのつながり」という財産が築けること、
あなたが、一生のうちでこれは伝えたいと思ったことを、人に伝える機会が増えること、
その価値を広めることができること、
そして、たった一度の人生、生きた証を後世にも立てていくこと。

 

これは、
お金では代えられない価値になっていきます。

もちろん、ビジネスシーンでライティングの力を発揮すれば、
ネットでもリアルなビジネスでも必ず稼げるようになりますし、
それだけではなく、
お金では代えられないものも同時に築いていけます。

 

 

そして、
このブログで一番あなたに伝えたいこと、
それは

 

あなたの魂の中に健やかに眠っている
とてつもない価値を引き出す
「魂の表現」

 

これは、
誰も代わりにできない、あなたにしかできないことですが

 

私は、このブログを通して
その気づきのお手伝いをしようと思っています。

 

 

 


人には、
思いがあり、心があり、魂がある。
そこから発せられる熱い思いは、
どんなに体や心が不自由でも、失われることはない。
病気などで体や心が不自由でも、魂の自由はどんなことも奪えない。

 

そう確信して私は活動してきました。

 

そして、オカリナを演奏するときも
魂を全力でぶつけてきました。

 

 

 

人は心の中に、
はじけるほどの伝えたい魂が躍動していると思います。

 

それを表現するとき、
上手じゃないかもしれない、
不器用かもしれない。

 

でも、不器用でも、本当の魂が表に出るとき、
それは、心に残る表現になる。

 

だからこそ、私は、
あなたの中に眠っている魂の声なき声を表現できるように
お手伝いしたいんです。

 

 

このブログのコンセプトについては、

 

記事「「愛のライティング」のブログで伝えたい未来の夢」に詳しく書きました。


あなたにプレゼントしたい珠玉の言葉

このブログを訪れてくださったお礼に
あなたにプレゼントしたい言葉があります。

 

「な〜んだ、言葉かよ」と言わないでください。
この言葉は、きっと、一生の宝物になるでしょう。

 

私がホームヘルパーとして働いていた時に、90歳になる利用者さんからいただいた
素晴らしい言葉です。

 

この言葉を、私の授業を受ける実習生には必ずプレゼントしています。

 

「生きるってことは、愛だよ。
愛に理由も、格好も、ないんだよ。

 

みじかいいのちかもしれない。
もしかして、私のように、こんな体になっても長く生きるいのちかもしれない。

 

でもね
あなたの代わりに生きられる人は、
誰もいないんだよ。

 

だから
このいのち、
生きて、
生きて、
生き抜こうね。

 

それが、
愛だよ。」

 

この言葉をくださった友は
その1週間後亡くなられました。

 

しかし、
その言葉は、わたしに中に一生、生き続け、
今こうして読んでいるあなたの心に生き、
広がっていきます。

 

人は死なないんです。
生きるんです。

 

そして、
ほかのだれかを生かすんです。

 

生きるってことは、辛いことがありすぎる。
みじめなこともありすぎる。

 

しかし、
生きて、生きて、生き抜いて、
良かったと思って涙がとめどもなく流れる日が来ます。
必ず来ます。

 

私の宝物の言葉
「生きるってことは、愛だよ」
です。
この画像の言葉です。↓

 


 

このメッセージを入れたオカリナ演奏動画を作りました。

 

https://youtu.be/CKLFiSBsMfA


広告や、映画のタイトル。全く発想もしない言葉で意表を突かれることがあります。新しい言葉を作る、または、なんでもない言葉に一工夫して、激烈なインパクトを作る手法で、「おっ!なになに?!」と注目を惹きつける手法、この仕掛けの仕組みに迫ります。見る人の意表を突く「新語ギミック」法とは前回の記事では、何かを感じたときに思わず口から出る言葉のパワーをタイトルに使う技を...
私たちが文章を書き、それを公表するとき、思考はそれを読む人の脳へ、心へ入って行ってその人の中で生きます。ライティングの究極の働きとは、真実の言葉で、心の底から出た文章が、それを読んだ人の中に時代を超えてモニュメントとなること。あなたにこそ、できるよ母がくれた言葉のモニュメント変わり者の私を叱らなかった母私は、幼稚園の頃も小学校の頃も、癖の強い変わった子で、「...
前回の記事では、丹後の海岸で偶然にも出会ったペンションでマリンジェットに乗った話、そしてそのペンションのオーナーが経営するカニのお店で、世界一のカニを選ぶ衝撃的な戦略に触れた話をしました。今回はそのペンションでカニを実際に堪能した進撃の思考です。母の古希祝いは、世界一のカニを食べて温泉につかることカニとマリンジェットのステキなペンションに出会った年、ちょうど...
2020年の国産カニの解禁は11月6日。中でも丹後のカニは、身が詰まっていて歯ごたえもいい。私が大好きなペンションのオーナーは、このカニをこだわりぬいてチョイスする達人です。彼が価値にこだわり、目利きして提供するまでの思考とそこからの気づきとは?カニ漁解禁の11月6日を前に今年のカニ漁解禁は、11月6日です。この日をずっと待ちわびています。なぜって?実は私は...
私たちは、心に何か強く感じたとき、つい口から出ることがあります。それは、強いエネルギーを放ちます。この力を使ってインパクトあるタイトルを作る方法とは思わず口から出る言葉のパワー私たちは、何かに心を動かされたとき、思わず口から出てくるものってありませんか?わっ!あっ!うわっ!うお〜おおお!えっ!あれ?およよ!(ちょっと古いか?)こうした思わず心が動いて口に出る...
コロナウイルスとインフルエンザのダブル危機の不安が煽られていますが、こんな時だからこそ、詩を書きました。体と同じく、心もまた、無理をしてはいけないと思います。その気持ちを詩にして表しました。そのままでいようよそのままでいようよ笑うことができないときはそのままですごそうよぼくは 笑ってと言わないよきみがいてくれるこの窓辺に飛ぶことに疲れた雀がとまるでしょうそん...
私もこうなりたい、僕もこんな風になれたらいいな!そう思う願いや望みを強烈に刺激するタイトルがあります。その思考の3ステップを自在に使えれば、物凄いパワーとインパクトがタイトルから放出されますギャップは強い感情を引き出すある状況について、ギャップを感じたとき、強い心理的な関心が高まり、インパクトが強まるということを私たちは日常生活の中でよく経験しています。例え...
あなたが一生懸命書いた文章を読んでもらうには、その入り口として、まず見つけてもらえるようなインパクトがあるタイトルが大切ですが、そのタイトルの力を引き出す、脳がスパークするような、胸がゾクッとするような手法があるのです。それは・・・体の感覚に訴えかける言葉の強烈なインパクト前回の記事では、「インパクトのある前置きから始める」という方法をお伝えしましたが、今回...
せっかくあなたが書いた素晴らしい文章、まず見てもらわなければ、始まりません。そのためのタイトル戦術を考えてきましたが、今回お話しする内容は、注目してくれない人に強制的に振り向くように仕掛ける強力な手法です。よろしいですか?カリスマ前置きテクニック〜まず注意を惹きつけろ!前回の記事では、情景描写でイメージをありありと描くテクニックのお話をしました。今回の記事は...
ライティングにおいて、最初に目に入るタイトルのインパクトはとても大切です。「お、何だろう?」とまず関心を惹きつけるには、タイトルの中に情景をありありとイメージさせる表現をすることはかなり効果的です。そのテクニックとは?情景描写の絶大な力https://sigehiro.net/basic-writing/tytle4.html">前回の記事では、数字を利用す...
ページの先頭へ戻る